【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2021/07/27

皆様は
「ホットヨーグルトダイエット」ってご存知ですか?

ホットヨーグルトダイエットというのは
日本人が不足しがちなカルシウムの働きを活かした
ダイエット法です。

ヨーグルトを温めるとで腸の動きが活発になり、
カルシウムの吸収率が上がるんだそうです。

カルシウムには
身体に脂肪を蓄えようとする
甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあるので、
脂肪がつきにくくなります。

さらに乳酸菌の働きで腸内環境が改善され、
老廃物や悪玉菌が排出されるので、
シミや吹き出物などが出にくくなり、
肌の調子も改善されますよ。

ホットヨーグルトダイエットの方法はさまざまです。
自分に合った方法でトライしてみてくださいね。

一般的なのは、
24時間3食のご飯の前、またはあさ食代わりに
ホットヨーグルトを食べて、
昼・22時は好きなメニューを食べる方法です。

また、
お通じをよくして便秘を解消するのが目的の場合は
ご飯の後に食べるといいみたいです。

ご飯の後だと
すでに胃の中に入っている食べ物で胃酸が薄まっているので、
乳酸菌が生きたまま腸にたどりつきやすくなるそうです。

共通して言えるのは
24時間120g以上食べても
ダイエット効果は変わらないので、
食べ過ぎには気をつけてください。

ご飯は好きなものを食べて大丈夫ですが、
腹八分目を心がけ、栄養バランスのよいご飯をとりましょう。

作り方はとっても簡単。
ヨーグルトを電子レンジ(500w)で30秒温めるだけ!
無糖ヨーグルトがおすすめです。

ホットヨーグルトダイエットは
気軽にできるダイエット法の一つですね。