【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2021/11/30

ダイエットを実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、ダイエットの停滞期なのです。

大抵の場合、ダイエットを始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分ではダイエットを頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、ダイエットをしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のないダイエットは危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
からだを壊してしまわないうちに、
ダイエット方法を見直した方が良いですよ!

ダイエットの停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
ダイエットの停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度なトレーニングなどで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰なトレーニングは危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
ダイエットの意味がありません。

体重が減らないからと、
極端な食べる事制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすいからだになってしまうだけです。

適度なトレーニングをすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りのダイエット法を続けることが賢明なんです!