【レーシック手術】目の病気や疾患を持っている人

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

アレキサンダーアンドサンの情報
https://www.careertrek.com/jobs/view/154686/
アレキサンダーアンドサンはここ



【レーシック手術】目の病気や疾患を持っている人ブログ:2021/07/30

おいらには、いつも大切にしている言葉があります。

それは、生前祖母がいつもおいらに言ってくれていた
「やらんで後悔するなら、やってから後悔しなさい」
という言葉です。

おいらが、池袋に行く前、
祖母は半身麻痺の状態で、
ずっとベッドの上にいる生活を送っていました。

おいらは仕事を続けながら、
家族や親戚と協力し、祖母の介護をしていました。
そんな中、おいらに会社から池袋へ転勤する辞令が下されたのです。

会社に入って
ずっと希望していた職種へ移動できる嬉しさや驚きもありましたが、
辞令を受けた直後は、正直おいらは戸惑いました。

池袋に行くという事は、地元を離れる事になります。
そして、寝たきりの祖母を置いて行く事にもなります。

今でも大変なのに、
おいらが池袋に行く事によって
家族や親戚の負担も大きくなります。

そして、何よりも
大好きで大切な祖母と一緒にいれなくなる事は
おいらにとって辛くて寂しい事でもありました。

いつも、
おいらが悩んでしまった時の一番の相談相手は祖母でした。

そこで、
転勤の辞令を受けた事、嬉しいけど戸惑いがある事、祖母と離れたくない事、
いっそ会社を退職し祖母のお世話をしようかな…などを
祖母にぽつりぽつりと伝えていきました。

祖母は、ベッドの上で、
うんうんとおいらが言う言葉を聞きながら質問をしてきました。
「で、あんたはどうしたいん?」

そこでおいらは、
池袋でやりたい事にチャレンジしてみたい…と伝えると、
祖母は動くほうの手で優しくおいらの頭をなでながら、
「おばあちゃんの事はええから行っといで」

そして、あの言葉を言ってくれたのです。
「しないで後悔するよりも、なんでもやってから後悔した方がええ」