【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。



【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:2021/11/30

「○○トレーニングですっきりスリムに!」という魅力的なトレーニングや、
シェイプアップの為に、ジョギングやジム通いを
始める方も少なくありません。

ところが有酸素トレーニングと無酸素トレーニングを繰り返し、
肉体の過剰な脂肪を燃やしても、トレーニングを行うだけでは、
なかなかダイエット効果に繋がらないんですよね。

よく、チーズケーキを1つ食べると、
そのカロリーを消費するのには、
ジョギングが半時間必要などと言われますが、
シェイプアップを目的とするなら、
トレーニングだけでなく、食事制限をプラスして行う必要があるんです。

もちろん、シェイプアップにトレーニングが無駄と言う訳ではなく、
トレーニングを行うことで、肉体の代謝が上がり、筋肉量が増えるので、
太りにくい肉体になりますから、トレーニングもしっかり行うべきです。

体重は多くないのに、見た目に太っているという方は、
筋肉という肉体の土台が少ない為に、締りがなく太って見えるのです。

このような方は、冷え性に悩まされていることも多く、
トレーニングなどを行い、筋肉が増えていけば、
改善されることが多いみたいですよ。

筋肉が増えることで、体重が増えてきますが、
肉体のバランスは良くなり、
洋服のサイズも変わっていることも多いのです。

内臓脂肪や皮下脂肪を落としたいのなら、
トレーニングと食事制限の両方を行う必要があります。

食事制限によって摂り過ぎていたカロリーを落とし、
トレーニングで筋肉をつけて余計な脂肪を燃やし、
美しい肉体に引き締めていくのです。

つまり
「トレーニングだけ」という方法も、
「食事制限だけ」という方法も、
リバウンドしない健康的なシェイプアップにはならないわけです。